発明作品一覧に戻る

 
卓球の集球具君

<お問い合わせはこちらへ

「第42回なるほど展」((社)婦人発明家協会)で
特賞(日本弁理士会会長賞)を受賞
特許出願済
卓球のボール回収用具。 集球、排球がワンタッチで簡単に出来る優れもの。
  こんな工夫しました
 
  • 従来は、すくって集球していたので、すくう時にボールが逃げたり、折角ネット内に集めたボールが飛びだしたりして、やり難かった。
  • 本発明の集球具では、集球部をボールの上から軽く押さえるとボールがゴム紐の間を通り集球されるので、ボールが逃げたり飛び出したりせず、大変簡単に集球出来る。
  • ネットからのボールの取出しは、ゴムバンドを引っ張れば、ボールは仕切りとネットの間を通り落下し回収される。
  • 集球と取出しとの切り替えは、ゴムバンドを引っ張ったり離したりの簡単ワンタッチ操作で出来る。
  こんなに便利です
   
  • 沢山のボールで練習時のボール回収は、現在虫取りネット等ですくって集め回収している。
  • このすくう面を、集球部と排球部の二つに仕切った。
  • 一方の面には、ゴム紐をボールの直径より狭い間隔で張って集球部とし、他方の面はそのままで排球部として使用。
  • 仕切り部の上方のネットに、(写真3)の様に、ゴムバンドを装着。
  • ゴムバンドはネットを押さえつける様に装着。引っ張れば仕切りとネットの間が開き、そこをボールが通れるように調整しておく。
このサイトはFLASHを使用しています。MacromediaFlashPlayerのダウンロードはこちらから
このWebサイトに記載されている文章、写真、図面等の無断転載等を禁じます。
(c)copyright 2009 Chiteki-Yumekoubou